SEO対策
二極化社会 | Bull&Bear Blues

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< LIVE IN SHINJUKU | main | はりぼての世界 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
二極化社会
 私は、昼休みに本屋によく行きます。最近思うことは、本のタイトルに対比を用いているのが多いなと感じます。例えば、私も読んだ、"金持ち父さん、貧乏父さん"”仕事の出来る人、出来ない人””出来る上司と出来ない上司”などです。まさに勝ち組、負け組を連想させるタイトルだと思います。
 そこで私が言いたいことは、自分を何らかのカテゴリーに当てはめ、他人に対してもカテゴリー分けをしているとしていることの危険性です。
 危険性というのは、ちょっと気に入らない人がいたら敵、悪い人、逆に少しでも気が合えば味方、いい人という感じで、白か黒でしか物事を判断できなくなってしまうということです。そして、それは大きな流れとなり、マイノリティーは(ニート、ひきこもり、フリーター、ヒルズ族など新聞で目にするもの)を、徹底的に悪者にし、マスコミで吊るし上げる対象になっています。
 これは、二極化社会の前ぶれなのでしょうか?
 消費者金融のグレーゾーン撤廃ではないですけど、人間は黒か白で分けられるほど、単純ではないと思います。
 ここで私は、自分は自分の意見をしっかり持ち、人の決めたカテゴリーには属さず生きる大事さを感じました。
| コラム | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bullandbear.jugem.jp/trackback/9
トラックバック